■耳鼻咽喉科(疾患一覧)

≫ かぜ
≫ 難聴
≫ めまい
≫ 花粉症
≫ 気管支喘息
≫ 咳喘息
≫ アレルギー性鼻炎
≫ 外耳道炎
≫ 扁桃炎
≫ インフルエンザ
≫ 急性咽頭炎
≫ 溶連菌性咽頭炎
≫ 急性副鼻腔炎
≫ 慢性副鼻腔炎
≫ 急性中耳炎
≫ 滲出性中耳炎
≫ 慢性中耳炎
≫ 耳鳴り
≫ 鼻中隔弯曲症
≫ 嗅覚障害
≫ 声のかすれ
≫ 口腔乾燥症(口の乾き)
≫ のどの違和感
≫ 補聴器
≫ 鼻血
≫ 甲状腺疾患
≫ 味覚障害
≫ 耳垢

■腎臓・泌尿器科(疾患一覧)

≫ 血尿
≫ 膀胱がん
≫ 前立腺がん
≫ PSA異常
≫ 尿路結石
≫ 膀胱炎
≫ 尿路感染症
≫ 性感染症
≫ ED(勃起障害)
≫ LOH症候群
≫ 男性更年期障害
≫ AGA
≫ 頻尿・多尿
≫ 前立腺肥大
≫ 尿失禁
≫ 過活動膀胱

ご予約について

再診の方は24時間電話で、
ご予約いただけます。

お電話または、インターネットからでもご予約が可能です。


 自動音声予約電話番号 

※ID番号と誕生日でご予約いただけます。

18606-4560-3350


 インターネット予約 

http://okaclinic.atat.jp

病院情報

  住所

〒651-0092
兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル6階(JR線・神戸市営地下鉄 新神戸駅から徒歩2分)

  電話番号

 耳鼻咽喉科  078-230-1123

 腎臓・泌尿器科  078-230-1331

膀胱炎

膀胱炎は、細菌が原因で膀胱内の粘膜に炎症をおこす病気です。
膀胱炎の患者さんの男女比を見ると、圧倒的に女性が多くなっています。「一生のうちに膀胱炎を経験しない女性はいない」といわれるほど女性はかかりやすく、また、何度となく再発を繰り返している人も少なくありません。

症状

特徴的な症状としては、以下の3項目があります。

①排尿時に痛む (排尿痛)
②頻繁にトイレに行く (頻尿)
③尿が濁っている (混濁尿)そのほか、
④尿が残った感じがする (残尿感)
⑤尿に血が混じる (血尿)
⑥下腹部が重くすっきりしない (下腹部不快感)
⑦尿が漏れる (尿失禁)
などの症状もみられます。

膀胱炎では熱は出ませんが、急性腎盂腎炎に進展した場合は、悪寒戦慄とともに39℃以上の発熱、片側の側腹部痛、側腹部叩打痛(叩くと響くような痛み)が起こります。早急に治療しなければ、敗血症になる場合があるので、必ず医療機関を受診してください。

原因

膀胱炎は、背後に原因となる病気があって起こる「慢性膀胱炎」がありますが、これは比較的高齢の男性に多く、前立腺肥大症、尿路結石、尿路にできた腫瘍などが原因になります。
しかし、女性の膀胱炎の大部分は、原因となる病気が特にない「急性単純性膀胱炎」で、尿道から侵入する大腸菌などの細菌に感染することで起こります。
10歳代後半から更年期以降まで幅広い年齢層で発症しますが、20から30台の生殖活動期の女性に多いのが特徴です。
膀胱炎が女性に多いのは、女性特有のからだの構造が深くかかわっています。
女性の尿道は長さが3~4cmと短く、男性の5分の1程度しかありません。そのため、尿道口についた細菌が容易に膀胱まで達してしまいます。
しかも、尿道口が腟と肛門のすぐ近くにあるため、排便や性交渉などによって、尿道口から細菌が侵入しやすいからです。
そのほか、過労、睡眠不足、カゼなどからだの抵抗力が落ちているときにも起こりやすいので注意が必要です。

診断

診断は、問診のあと、まず「尿検査」が行われます。尿を顕微鏡で調べ、400倍に拡大し、1視野に5個以上の白血球や多数の細菌が見つかれば、膀胱炎と診断されます。
さらに原因となっている細菌の種類を調べるために「尿細菌培養検査」および細菌に対してどの薬が効くか「薬剤感受性検査」を行います。

治療法

治療には、原因菌に適した抗生物質あるいは抗菌剤が用いられます。通常、2、3日服用すれば症状は改善されますが、この段階ではまだ膀胱内の細菌は完全に死滅していないので、医師の指示通り薬を飲み続けなければいけません。その後、再び尿検査を行い、完全に尿から細菌や白血球が消えたことを確認してから、治療が終了します。
症状がなくなったからと、自己判断で薬をやめてしまう人が多く見られますが、再発の原因になりますので、きちんと薬を飲んでください。

治療中に気をつけること
膀胱炎は安静を保たなければいけないほどの重い病気ではありませんが、治療中はあまり無理をしないようにしてください。
治療効果をあげるために、十分な水分の摂取をお勧めします。水分を多めにとって尿量を増やすことにより、膀胱内の細菌を洗い流します。細菌が膀胱内に停滞する時間が短くなるので、菌の繁殖が防げます。
このほか、炎症の悪化を防ぐために、飲酒、刺激物の摂取、性交渉を控えることも大切です。

<膀胱炎の治療中、または再発防止のためにご注意いただきたいこと>
膀胱炎の予防には、膀胱に細菌を侵入させない、膀胱内で細菌を繁殖させないことが重要です。
再発予防について、生活の中で注意していただきたい点をまとめます。
まず、膀胱で細菌を増やさないために、

  1. 水分を多めにとる習慣
  2. 過労、冷えに注意
  3. 排尿を我慢しすぎないこと
    次に、細菌を侵入させないために
  4. 排便後のペーパーは前から後に拭く
  5. シャワー式トイレを正しく使用する
  6. 生理期間中は清潔にする
  7. 交渉直後に排尿する
  8. 便通を整える

以上の点にちょっと気を払っていただくことで憂鬱な膀胱炎を予防できるでしょう。