■耳鼻咽喉科(疾患一覧)

≫ かぜ
≫ 難聴
≫ めまい
≫ 花粉症
≫ 気管支喘息
≫ 咳喘息
≫ アレルギー性鼻炎
≫ 外耳道炎
≫ 扁桃炎
≫ インフルエンザ
≫ 急性咽頭炎
≫ 溶連菌性咽頭炎
≫ 急性副鼻腔炎
≫ 慢性副鼻腔炎
≫ 急性中耳炎
≫ 滲出性中耳炎
≫ 慢性中耳炎
≫ 耳鳴り
≫ 鼻中隔弯曲症
≫ 嗅覚障害
≫ 声のかすれ
≫ 口腔乾燥症(口の乾き)
≫ のどの違和感
≫ 補聴器
≫ 鼻血
≫ 甲状腺疾患
≫ 味覚障害
≫ 耳垢

■腎臓・泌尿器科(疾患一覧)

≫ 血尿
≫ 膀胱がん
≫ 前立腺がん
≫ PSA異常
≫ 尿路結石
≫ 膀胱炎
≫ 尿路感染症
≫ 性感染症
≫ ED(勃起障害)
≫ LOH症候群
≫ 男性更年期障害
≫ AGA
≫ 頻尿・多尿
≫ 前立腺肥大
≫ 尿失禁
≫ 過活動膀胱

ご予約について

再診の方は24時間電話で、
ご予約いただけます。

お電話または、インターネットからでもご予約が可能です。


 自動音声予約電話番号 

※ID番号と誕生日でご予約いただけます。

18606-4560-3350


 インターネット予約 

http://okaclinic.atat.jp

病院情報

  住所

〒651-0092
兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル6階(JR線・神戸市営地下鉄 新神戸駅から徒歩2分)

  電話番号

 耳鼻咽喉科  078-230-1123

 腎臓・泌尿器科  078-230-1331

前立腺肥大

症状

前立腺肥大とは、膀胱の下にある前立腺(精液の一部を作るところ)が大きくなる(肥大)ことによって、尿道を圧迫し、排尿障害を起こす病気です。

症状としては、以下の項目などが挙げられます。
①トイレが近い(頻尿 昼間8回以上)
②排尿をした後でもすっきりしない(残尿感)
③排尿をしている時に途中で途切れる(尿線途絶)
④尿の勢いが弱い(尿勢低下
⑤尿が一度に出ない(二段排尿)
⑥急に尿がしたくなって、もれそうで我慢できない(尿意切迫感)
⑦我慢できずに尿をもらすことがある(切迫性尿失禁)
⑧尿が出始めるのに時間がかかる(遷延性排尿困難)
⑨お腹に力を入れないと尿が出ない(腹圧性排尿)
⑩夜中に何度もトイレに起きる(夜間頻尿 就寝後1回以上)

原因

前立腺肥大症は50歳代から加齢とともに増加しますが、前立腺がなぜ肥大するのかは、はっきりと解明されていません。
中高年になってホルモンの環境変化が一因と考えられていますが、最近では、肥満や高血圧、高血糖及び脂質異常症、さらにメタボリック症候群との関係が示唆されています。

診断・治療

<診断・検査>
排尿に関して、日常生活に支障が出ているようでしたら、早めに泌尿器科を受診することをお勧めします。
前立腺肥大を疑う場合、まず最初に問診を行います。
症状と程度を症状スコアなどにより評価し、尿検査、直腸診など診察のあと、血液検査、腹部エコー検査などを行い、尿路感染の有無、前立腺の大きさ、前立腺がんの有無、腎機能などを調べます。
排尿障害があったからといって、必ずしも前立腺肥大症というわけではありません。他の病気の可能性も含めて検査をすすめます。

<治療法>
前立腺肥大と診断された場合の治療方法ですが、大きく分けると「様子観察」、「薬物治療」、「手術治療」、「保存治療」があります。
前立腺肥大があっても、症状がなければ治療することなく「様子観察」を行います。
症状が軽ければ、基本的には、まず薬物治療が行われます。
しかし、前立腺肥大の症状が重度の場合や放置をして悪化している場合、または、前立腺肥大とともに、尿路結石や膀胱結石、肉眼的血尿、尿閉、腎機能障害などの合併症が見られる場合には、手術治療を行います。

薬物治療

▲α1受容体遮断薬

前立腺肥大は、尿道を圧迫(機械的閉塞)して排尿障害を起こしている状態です。また同時に、排尿時に前立腺や尿道の筋肉が緊張(機能的閉塞)することにより排尿障害を起こしている状態です。排尿時に前立腺や尿道の筋肉をリラックスさせる働きのあるα1受容体遮断薬が排尿障害を改善します。症状が軽い場合は、この薬剤だけで症状が改善します。

▲5α還元酵素阻害薬

テストステロンから前立腺肥大を引き起こす活性の高いDHT(ジヒドロテストステロン)への変換を抑える薬です。肥大した前立腺腺腫を縮小(小さく)し、排尿障害を改善させます。ただし、服用開始から効果が現れるまでに数か月かかり、服用を中止した場合再び肥大していきます。

▲ホスホジエステラーゼ5阻害薬

肥大した前立腺肥大症の排尿時に、尿道・前立腺・膀胱頸部の緊張をリラックスさせることにより、排尿症状を改善させます。

▲植物製剤、漢方薬

植物製剤、漢方薬の中には、排尿障害に効果を発揮するものがいくつかあります。

手術治療

▲経尿道的前立腺切除術(TUR-P)

薬物治療を行っても充分な効果が現れない場合や症状がひどい場合には、尿道から内視鏡を入れて肥大した前立腺腺腫を電気メスによって切除します。

▲ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP)

尿道から内視鏡を入れて肥大した前立腺腺腫を外科的被膜に沿って核出(肥大した腺腫のみ取り出す)します。

▲光選択的前立腺蒸散術(PVP)

尿道から内視鏡を入れて肥大した前立腺腺腫をレーザーにより蒸散(蒸発拡散)させます。

▲開腹手術

前立腺がとても大きくなっている場合には、前立腺を全て摘出するために開腹手術をして前立腺を取り除きます。

▲尿道ステント

ステントという筒状のものを前立腺が大きくなり圧迫している尿道に留置する方法です。手術は容易で、安全性も高いですが、尿路感染症など合併症あり、限られた方を対象に行います。

  • 寝たきり状態
  • 全身の状態が悪い
  • 手術が困難な場合

保存治療

保存治療としては、生活習慣を改善するために生活指導を行います。食生活や運動を改善することによって、排尿障害の改善を期待します。
例えば、長時間座っていること、長時間体を冷やす(長時間の水泳など)、アルコールの大量摂取、過剰な水分摂取などを控えます。
また、適度な運動と食生活の改善により治療を行います。