■耳鼻咽喉科(疾患一覧)

≫ かぜ
≫ 難聴
≫ めまい
≫ 花粉症
≫ 気管支喘息
≫ 咳喘息
≫ アレルギー性鼻炎
≫ 外耳道炎
≫ 扁桃炎
≫ インフルエンザ
≫ 急性咽頭炎
≫ 溶連菌性咽頭炎
≫ 急性副鼻腔炎
≫ 慢性副鼻腔炎
≫ 急性中耳炎
≫ 滲出性中耳炎
≫ 慢性中耳炎
≫ 耳鳴り
≫ 鼻中隔弯曲症
≫ 嗅覚障害
≫ 声のかすれ
≫ 口腔乾燥症(口の乾き)
≫ のどの違和感
≫ 補聴器
≫ 鼻血
≫ 甲状腺疾患
≫ 味覚障害
≫ 耳垢

■腎臓・泌尿器科(疾患一覧)

≫ 血尿
≫ 膀胱がん
≫ 前立腺がん
≫ PSA異常
≫ 尿路結石
≫ 膀胱炎
≫ 尿路感染症
≫ 性感染症
≫ ED(勃起障害)
≫ LOH症候群
≫ 男性更年期障害
≫ AGA
≫ 頻尿・多尿
≫ 前立腺肥大
≫ 尿失禁
≫ 過活動膀胱

ご予約について

再診の方は24時間電話で、
ご予約いただけます。

お電話または、インターネットからでもご予約が可能です。


 自動音声予約電話番号 

※ID番号と誕生日でご予約いただけます。

18606-4560-3350


 インターネット予約 

http://okaclinic.atat.jp

病院情報

  住所

〒651-0092
兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル6階(JR線・神戸市営地下鉄 新神戸駅から徒歩2分)

  電話番号

 耳鼻咽喉科  078-230-1123

 腎臓・泌尿器科  078-230-1331

急性中耳炎

症状

耳だれ、耳づまり、発熱、難聴、耳の痛みなどを感じます。
小さい子供では痛みを訴えることができず、泣いたり、頻繁に耳をさわることが急性中耳炎の危険信号です。

原因

耳管(耳と鼻をつなぐ管)を通して、中耳に細菌やウイルスが入ることにより、急性の炎症が生じ、膿がたまる病気です。風邪をこじらせ、鼻やのどの炎症に引き続いて起こる場合が多いです。

お母さん方が心配されることのある、「耳の外から水や菌が入って急性中耳炎になる」といった事はごく稀なケースです。

急性中耳炎が悪化すると鼓膜の一部が破れてしまうことにより、耳漏(耳だれ)が出てくる場合があります。

大人の場合は重症化したり、なかなか治らないことはごく稀なのですが、乳幼児(特に保育園などで集団保育を受けている場合)は再発を繰り返し、重症化したり、なかなか治らない場合があります。

治療法

初期の場合は、院内にて中耳につながっている鼻の状態を治療していきます。
また、抗生物質や炎症を抑えるお薬により治療していきます。

下記のような状況の場合、鼓膜を少しだけ切って膿を出す治療をすることもあります。

  • 膿がたまって鼓膜がはれ、痛みが強いとき
  • 高熱が持続する場合

※鼓膜は切っても、通常数日でふさがります。

急性中耳炎は放置すると再発する可能性が高く、鼓膜の穴が閉じなくなったり、滲出性中耳炎に移行することもあるため、完全に治すことが重要です。

滲出性中耳炎

症状

症状としては、難聴・耳つまり感・耳鳴りが挙げられます。 
幼児の難聴の多くは、この滲出性中耳炎によるものです。

子供の場合は滲出性中耳炎になっていても、ほとんど痛みもなく、発熱しないため、滲出性中耳炎になっていることに気づかないこともあります。そのため、下記のような症状が見られた場合は一度お近くの耳鼻科を受診してみて下さい。

  • テレビの音を大きくする
  • 大きな声でおしゃべりする
  • 呼んでもふりむかない

また下記のような症状がある場合にも滲出性中耳炎を併発しやすくなります。
①かぜをひきやすく、鼻がぐずぐずしていたり、咳が続いている
②いつも鼻汁・鼻づまりやくしゃみがある(蓄膿症やアレルギー性鼻炎を患っている)
③いびきが大きい

大人の場合は、下記のような症状を訴えます。

□登山もしくは飛行機搭乗時の気圧の変化時に感じるような耳づまり感
□難聴
□耳栓をしている様な耳づまり感
□自分の声が耳に響く
□耳の中で水の音を感じる

原因

子供の場合、多くは急性中耳炎に引き続き起こります。
但し、原因不明により滲出性中耳炎になっている場合もあります。

鼓膜の奥に滲出液がたまり、音が聞こえにくくなります。
お風呂やプールの水が中耳にたまることが原因ではなく、滲出液が中耳にたまることでおきます。

子供や高齢者の方は、風邪などを原因として炎症を起こし、耳管機能が低下し、換気ができなくなるため、鼓膜がへこみ、中耳に滲出液がたまります。
また、飛行機に乗ったことで発症したり(気圧差が原因)、鼻の奥に腫瘍ができることによって中耳炎となるケースもあります。

治療法

下記の3種類が治療法として挙げられます。

  1. お薬の内服や吸入により、鼻とのどの治療を行います。
    長期間、アレルギーを抑制する薬と少量の抗生物質を飲んでいただく場合もあります。
  2. 耳管(耳と鼻を結ぶ管)から空気を送ることで、たまった滲出液の排泄を促進します。
  3. 鼓膜を切開し、小さな穴をあけることにより中耳にたまった滲出液を取り除きます。
    切開時には鼓膜に麻酔液をつけてから行うため、痛みを軽減します。もし症状が再発し、切開を繰り返し行う必要があった場合でも、鼓膜は再生力が強いのでご安心ください。また、鼓膜の切開を繰り返し行っても治りが悪いときは、切開後に鼓膜にチューブを挿入し、滲出液の排泄を促すこともあります。

慢性中耳炎

症状

耳だれと難聴が主な症状です。 
耳だれは感染時のみに見られ、その際は絶えず出ているものからほとんど自覚しない程度まで様々あります。

内容

鼓膜は再生能力が強く、穴が生じても自然に閉じます。 
しかし、炎症が長期化することにより、鼓膜が閉じない場合もあります。また、慢性中耳炎に感染している場合、外耳道から中耳腔へと細菌が簡単に侵入できるため、感染を繰り返しやすくなります。

治療法

慢性化している原因を特定した上で、耳を乾燥させるための治療を行います。 
症状が軽い場合は患部の洗浄、抗生物質の服用によって治療します。また炎症を抑え、耳だれを止めるために点耳をする場合もあります。

治療の経過によっては手術が必要となる場合もあります。
(手術が必要になる場合は、患者さんの状況(住所、症状の程度)を勘案して、提携病院をご紹介いたします。)