■耳鼻咽喉科(疾患一覧)

≫ かぜ
≫ 難聴
≫ めまい
≫ 花粉症
≫ 気管支喘息
≫ 咳喘息
≫ アレルギー性鼻炎
≫ 外耳道炎
≫ 扁桃炎
≫ インフルエンザ
≫ 急性咽頭炎
≫ 溶連菌性咽頭炎
≫ 急性副鼻腔炎
≫ 慢性副鼻腔炎
≫ 急性中耳炎
≫ 滲出性中耳炎
≫ 慢性中耳炎
≫ 耳鳴り
≫ 鼻中隔弯曲症
≫ 嗅覚障害
≫ 声のかすれ
≫ 口腔乾燥症(口の乾き)
≫ のどの違和感
≫ 補聴器
≫ 鼻血
≫ 甲状腺疾患
≫ 味覚障害
≫ 耳垢

■腎臓・泌尿器科(疾患一覧)

≫ 血尿
≫ 膀胱がん
≫ 前立腺がん
≫ PSA異常
≫ 尿路結石
≫ 膀胱炎
≫ 尿路感染症
≫ 性感染症
≫ ED(勃起障害)
≫ LOH症候群
≫ 男性更年期障害
≫ AGA
≫ 頻尿・多尿
≫ 前立腺肥大
≫ 尿失禁
≫ 過活動膀胱

ご予約について

再診の方は24時間電話で、
ご予約いただけます。

お電話または、インターネットからでもご予約が可能です。


 自動音声予約電話番号 

※ID番号と誕生日でご予約いただけます。

18606-4560-3350


 インターネット予約 

http://okaclinic.atat.jp

病院情報

  住所

〒651-0092
兵庫県神戸市中央区生田町1-4-1 ショダリ21ビル6階(JR線・神戸市営地下鉄 新神戸駅から徒歩2分)

  電話番号

 耳鼻咽喉科  078-230-1123

 腎臓・泌尿器科  078-230-1331

花粉症

症状

発熱はせず、くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった3つの症状のいずれか、もしくは全ての症状を発症することがこの病気の特徴です。 

それに伴い、下記のような症状も表れます。
■睡眠不足
■集中力の欠如
■イライラ・むかむかするといった心理的影響
■副鼻腔炎(いわゆる“蓄のう症”)の併発

原因

花粉症は季節性のアレルギー性鼻炎です。

鼻やのど、耳、目などの皮膚に植物の花粉が、接触することによって下記のような症状を引き起こします。

□くしゃみ
□鼻水
□鼻詰まり
□のど・耳・目のかゆみ
□咳

花粉症を引き起こす原因として一般的な花粉はスギ花粉・ヒノキ花粉・ブタクサ花粉・ヨモギ花粉が挙げられます。
アレルギー体質の人が増加している背景には食生活や住環境の変化が挙げられます。
また、PM2.5や黄砂などによる大気汚染といった要因も花粉アレルギーを助長する原因として考えられています。

当院では花粉症の原因を特定するため、どのような物質にアレルギー反応を起こすかを測定する血液検査を行っています。

治療法

まずは原因となる花粉を避けるよう、注意してください。
マスクは口と鼻の両方が隠れるマスクをして下さい。一般的にかけるメガネであっても、目に入ってくる花粉の量は何もしていない時の3分の1程度にまで減らすことができると言われています。
また、服は表面が起伏のないタイプ(ツルツルした素材)であれば、花粉の付着は最小限に抑えることができます。
昼間に窓を開けないようにしたり、洗濯物や布団を外に干さないようにしましょう。
アレルギー症状を悪化させる原因には不規則な生活リズム、睡眠不足、過労、ストレスを挙げられますので、これらを避けることも症状軽減に有効です。

ただ、花粉を完全に遮断することは厳しいため、例年症状が続く方にはお薬の内服、点鼻薬(鼻腔に直接噴霧するもの)を処方しています。目の症状がある場合には点眼薬も必要となる場合があります。
薬は日々効能が高まっており、以前よりも副作用(眠気、口の乾燥感など)が抑えられ、より体に負担が少なくなっています。

花粉飛散開始時期前にお薬を服用して症状を最小限に抑える初期療法やCO2(炭酸ガス)レーザー治療も当院では行っております。

 舌下免疫療法に関して  
スギ花粉症の発症をなくす可能性のある舌下免疫療法を当院では行っております。他の治療法と比べた際に長期的な効果がある治療法です。

但し、免疫療法であるため治療期間は2年~5年かかると言われております。
◎免疫療法は体にアレルギーを引き起こす原因物質(アレルゲン)を低濃度から体に取り込み、徐々に濃度を上げることで体をアレルギーに慣れさせます。そうすることで、アレルギー反応を減少させる治療法

そのため、舌下免疫療法は下記のような患者様に推奨しております。

  • スギ花粉の症状がひどく、薬だけでは完全に抑えきれずに悩まれている方
  • 眠気など副作用のある花粉症の飲み薬や点鼻薬を減量、中止したいとお考えになられている方
  • 日々の投薬を習慣化することに意欲のある方、抵抗の無い方
  • 根本的に体質を変えて、長期にわたる効果を期待している方